<< ダラダラの土曜日 | main | ユニクロの魅力 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

干し柿、失敗に終わる

社会人になって数年。
最近では、休みの日でも朝8時には目が覚めるようになりました。
学生の時はいくらでも寝てたのに…
毎日の早起き生活の賜物でしょうか?それとも歳のせいでしょうか…

そして、今日朝一でした事。
干し柿のカビ取りです。

職業柄、私は農家の方からいろいろな農作物を頂きます。
1日中エアコンのきいた事務所で生活していると季節感がなくなってしまいそうですが、これらの季節きせつの頂き物のお陰で、季節を感じる事ができます。本当にありがたい事です。

今はの季節ですね。大量の渋柿をゲットしました。
そして2週間程前の私の誕生日。
新聞の記事に出ていた、干し柿の作り方を見ながら、1人干し柿を30個近く作りました。
記事によると、
ヽ舛糧蕕鯒蹐
柿が重ならないように紐でつるし、室内で干す。
10日程たったら耳たぶのやわらかさになるくらい揉む。(こうすると甘みが中から出てくる)
たГ黒くなるのを防ぐ為、40度くらいのお湯にくぐらせ、新聞をかけ、風通しの良い所で乾燥させて、できあがり。

干し柿って外に干すもんなんじゃ…??
とおもいつつ、記事の通りに実行してみました。

25回目の誕生日の日に、自分へのプレゼント…?
素敵な柿のカーテンが出窓を飾りました。
圧巻です。

しかし、予感的中。
10日を過ぎた数日前から、カビっぽいものが…
本来なら40度のお湯にくぐらせないといけませんが、これはあくまで黒くなるのを防ぐ為のようだったので、パス。
このまま外に移動させれば良かったのかもしれませんが、カーテンレールにグー結びに吊るしてしまったたち。
吊るし直す紐の長さの余裕もなく、何より手間がめんどくさく、このまま無事乾燥する事を祈って数日…
1度生えたカビは増える事しか知らない事に、今日気づきました。
完璧に干しあがってはいませんが、食べてみると渋は抜けて、大変甘い柿に大変身していたので無理やり完成。

1年に1度の、貴重な自分の誕生日に作った干し柿です。
ますますムダにできません。
カビが生えてない所はもちろん食べれるので、カビを削ぎおとしました。

そしてまた、渋柿をいただきました。
次は、学習能力をフルに使おうと思います。



posted by: omocha100 | ダイアリー | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:52 | - | - |
コメント
 
2005/11/22 6:40 PM
Posted by: Toyty
梅干漬けるんですか?!
気づいたら漬物にハマって
その内、MYヌカ床とかできてたりして…(笑)
2005/11/21 1:58 AM
Posted by: mikan
あのカーテン
カビカビカーテンやったんや…笑

私は来年
梅干を漬けてみたいと思うのだけど
たぶん、失敗するね。
昔の人はみんなすごいね。









トラックバック
 
http://omocha100.jugem.jp/trackback/4